20代後半でIT業界へ転職は難しくない!未経験26歳の経験と失敗

IT転職

IT業界に転職したいけど、20代後半はもう遅いかな。。

20代後半は経験がないと雇ってくれないのか。。

とお悩みの方へ。

IT業界へ転職を考えていても「未経験は通用しないかも」と不安になりますよね。

僕も26歳未経験でIT業界を目指したときはめちゃくちゃ不安でした。

そこで今回は

・現在20代後半でIT業界へ未経験で転職を迷っている人
・実務経験がないと20代後半ではITエンジニアになれないと思っている人

へ向けて、20代後半であれば未経験でITエンジニアに転職は難しくない理由をお伝えします。

・記事を書いている僕

26歳のときに未経験でIT業界に転職して4年が経ちました。

半年の転職活動で4社から内定をもらうことができたました。ちなみに文系です。

この記事を読むことで20代後半でもIT業界への転職が可能と分かり、入社後にこんなはずじゃなかったと後悔せずに目標を持ってIT業界で働いていけるはずです。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

前提:未経験でもIT業界に転職は可能

まず前提として、IT業界には未経験でも転職できます。

IT業界が成長中の業界であり、人手不足なのが理由として挙げられます。

転職サイト大手の「doda」が2021年7月に発表した以下の業種別求人倍率をご覧ください。

引用:doda 転職求人倍率レポート(2021年7月)

IT業界の求人倍率が異常に高いことがわかります。

IT・通信の求人倍率は6.41なので、IT業界では1人に対して6社ほど求人があるということです。

僕は26歳のときにプログラミングスクールにも行ってませんが、IT企業は計4社から内定をもらいました。
接客業の経験のみで、Excelすらまともに使えないレベルの僕でも転職できたので、まずあなたもIT業界に転職できることを知ってもらえたらと思います。

IT業界に転職するなら20代後半がリミット

IT業界の人材は不足していますが、何歳でも簡単になれるわけではありません。

未経験でもIT業界に転職できているのは20台後半までの人が大半です。

実際僕が働いてる会社も未経験者を積極的に採用していますが、30歳以上で未経験の人はほとんどいません。

30代から未経験でIT業界に転職するのはかなり厳しくなります。

今はIT業界に転職しようか悩んでいる時期だと思います。ただ僕の経験から言うと、IT業界に踏み入れるのは早ければ早いほどいいです。

僕は26歳でIT業界に転職しましたが、それでももっと早く踏み入れとけばよかったと少し後悔しています。

「IT業界へ転職するかを悩んでいたら30歳になってた」なんてことのないように、20代のうちに決断しておきましょう。

個人的には人生は一度きりなので、やりたい事をやってみたらいいと思います。

IT業界への転職活動する前に知っておくべきこと

僕の経験から、IT業界への転職活動を行う前に知っておいた方がいいことが3つあります。

①事前にプログラミングなどの基礎を学習しておくこと
②IT業界の働き方や職種を調べておくこと
③自分がどんなエンジニアになりたいのか将来像を考えておくこと
1つずつ詳しくお伝えします。

①事前にプログラミングなどの基礎を学習しておくこと

20代後半で何も学習せずにIT業界に転職できると思わない方がいいです。

何も学習しなくてもITエンジニアになれるのは、第二新卒として見てもらえる20代前半までです。

20代後半からはITエンジニアへの転職がどれだけ本気なのか面接で見られます。

僕はプログラミングの学習サイトでJavaの基礎をひと通り学んだことが評価され、今の会社から内定をもらいました。ちなみにポートフォリオは作成していません。

面接では必ずなぜITエンジニアになりたいのか、そのために今何をしているのかは聞かれるので学習したことをアピールしましょう。

②IT業界の働き方や職種を調べておくこと

僕は転職活動中にIT業界のことを詳しく調べてなかったので、もっと調べとけばよかったと後悔しています。

最低でもIT業界にはどんな職種があるのか、開発がしたいのであればweb系なのかアプリが作りたいのかなど、自分が目指したい分野ぐらいは知っておいた方がいいです。

僕はこの辺がすごいふわっとしていて「何となく開発したい!」と思っていたので面接は落ちまくりました。

職種や働き方を調べたうえで自分は何になりたいのか目標が見えてくると、そこから学習すべきプログラミング言語も決まってきます。

僕みたいに面接に落ちまくって半年も転職活動をするはめにならないよう、事前に業界研究はしておきましょう。

③自分がどんなエンジニアになりたいのか将来像を考えておくこと

自分がIT業界に入ってどのように成長していきたいのか考えておくことは、今後のためにも重要です。

とりあえずIT業界に入れたらいいやの気持ちだと、ただの雑用係で終わってしまうかもしれません。

僕が働いている会社でも自分の意思がはっきりしている人はどんどん経験を積んでますし、逆に雑務で満足してしまってる人もいます。

自分が目指したい道が決まると、自然と勉強するものです。僕もやりたい事が決まったら勉強したくなります。

面接やIT業界に入った後に将来で不安に押し潰されないように、事前に目標設定しておくことをおすすめします。

未経験でITエンジニアに転職できるのはSES企業ばかりが現実

IT業界での働き方には元請け企業や自社開発企業などいくつか種類があります。

その中で未経験を募集しているところは、基本的にSES(客先常駐)の企業ばかりです。

僕は未経験ながらに4社から内定をもらいましたが、薄給なブラック自社開発企業を除いて全てSES企業でした。

元請けや自社開発の会社に未経験で転職は難しいと言われてますが、実際僕もほとんど面接すら進めませんでした。

SES企業ってどうなの?

SES企業で3年経験したからこそ言いますが、実務経験を積むにはSES企業はありですが、ずっとそこで働くことのメリットは少ないかもしれません。

IT業界で経験を積める事は確かですが、年収の低さやスタンバイの不安感が拭えないのが現実です。

とはいえ未経験でもチャレンジできるのであれば、僕はSES企業だろうがまずは実務経験を積むことをおすすめします。

SES企業で3年ほど実務経験を積むと同時に自分のやりたい事を勉強し、それを強みに自社開発企業などに転職していきましょう。

僕が働いているSES会社も実務経験を積んだ30代ぐらいの人はどんどん転職していきますし、僕も来年には転職しようと考えています。

未経験からの転職はほぼ客先常駐の企業で、入社してからどれだけ自分で学習できるかが今後のキャリアに繋がることを知っておいてほしいです。

僕がSES企業で3年間過ごした経験をこちらにまとめてますので、SES企業の実態を知りたい方はご覧ください。

未経験の募集はブラック企業も多いので気をつけよう

転職サイトを見てみると「未経験OK」の求人が割とたくさん出てきます。

その中には恐らくブラック企業もたくさん存在しているのが実態です。

ブラック企業に誤って入社しないためにも、僕が転職中に気を付けていたことをお伝えします。

①常に求人が出ていないか
②入社を決める前に誰かに相談する
③極力転職エージェントを使って質問してもらう

①常に求人が出ていないか

ブラックと思われる企業は常に求人を出しているところが多いです。

ブラック企業を見分けるために、転職サイトは早めに登録しておくことをおすすめします。

僕は半年ほど転職活動をしてましたが、恐らくブラック企業だろうと思われるところは常に求人が掲載されてました。

ネットで評判を見てみると案の定です。

転職しようかなと思ったそのときには、転職サイトに登録して求人の内容や評判を調べてみることをおすすめします。

まだ登録していない人は、IT業界で未経験採用の求人も多い「リクナビNEXT」をおすすめします。

早めにリクナビNEXTで求人を見始め、いつも求人が出ているブラック企業かを見分けましょう。

②入社を決める前に誰かに相談する

気になる企業から内定をもらったら、誰かに一度相談することをおすすめします。

僕はスマホアプリの自社開発企業から内定をもらって行く気満々でしたが、家族のアドバイスのおかげで踏みとどまれた経験をしました。

その会社は月収20万円という書き方をしていて、僕も面接で詳しく説明されなかったので残業代は別でプラスされるだろうと思っていましたが、実際は40時間の固定残業込みで20万円でした。

いや面接のときに聞けよ

おっしゃる通りです!

恐らく僕は独断でこの会社に入社していたら、あまりに安い給料で長時間労働させられていたと思います。あのとき家族に相談して本当によかったです。

「とにかく早く転職先を見つけたい!」と自分の頭はまひしているので、第三者からの冷静なアドバイスをもらうことをおすすめします。

③極力転職エージェントを使って質問してもらう

僕は転職サイトと転職エージェントを併用していましたが、やはり何でも相談できる転職エージェントはありがたいと思いました。

年収や有給の取得率など直接では聞きにくい質問も、転職エージェントに相談すれば代わりに調べてくれます。

転職エージェントには非公開求人も多く、ブラックな企業が少ないというのもメリットです。

失敗しないためにも未経験者を大切にしてくれる会社なのか、入社を決める前に調べることをおすすめします。

まとめ

未経験の20代後半でもIT業界に転職は難しくない理由についてお話してきました。

IT業界に転職するなら20代後半がチャンスです。

面接では転職の本気度を見られるので、業界研究や自己学習はしっかり行うことをおすすめします。

間違ってもブラック企業に入社しないように、家族や転職エージェントなど他社の力も借りつつ成長できる会社へ転職しましょう。

タイトルとURLをコピーしました